メーガン妃「英王室、長男の肌の色の濃さを懸念」明かす

有料会員記事

ニューヨーク=鵜飼啓
[PR]

 英国のハリー王子の妻メーガン妃が米CBSテレビのインタビューで、長男アーチー君を妊娠中、王室の中で「肌の色がどれだけ濃いのかという懸念があり、やりとりがあった」と明かした。メーガン妃は父親が白人、母親がアフリカ系米国人。誰の発言かは明らかにしなかった。

 インタビューは米著名司会者のオプラ・ウィンフリーさんが行い、7日夜に2時間にわたって放映された。アーチー君は王位継承順位は7位だが、「王子」の称号は与えられていない。これまでハリー王子とメーガン妃が称号を拒んだとされていたが、メーガン妃は「彼ら(王室側)が王子にしたがらず、警護も付かないと言われた」と述べた。

 ウィンフリーさんが「肌の色が濃すぎると問題になるという懸念が(王室に)あったということか」と問いただすと、メーガン妃は「なぜなのか追及できなかったが、そう考えて大きく外れていないと思う」と答えた。

 インタビュー後半に同席した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。