避難先で市議に「国に捨てられた。だから権力と戦う」

有料会員記事

中沢滋人
[PR]

 「そしたら、肝心なことは庁内全体に行き渡っていないということにならないですか」。昨年9月、北海道赤平市議会の一般質問で、議場に鈴木明広議員(61)の声が響いた。

 市の新型コロナウイルス対策のマニュアルが各部署まで行き渡っているのかを質問し、市側の確認不足を明らかにした。

 鈴木さんは福島市で学習塾を営んでいたが、福島第一原発の事故で、2011年9月に函館へ自主避難した。16年に赤平市内に家を建て、19年の市議選に立候補して初当選した。

 「原発事故で、いわば国に捨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら