第6回家庭科の授業、受けたのは僕1人 「残念ながら今も…」

有料会員記事

三島あずさ
[PR]

 50年前、中学校では女子は家庭科、男子は技術科を学び、高校では女子のみ家庭科が必修だった。1971年3月14日の朝日新聞の連載「男と女」の「料理と剣道」の回では、高校時代に校内でただ1人、家庭科を選択した男性の言葉が紹介されている。

 最初は気軽に考えた。うちは女手が多くて、家事なんてやったことはない。だけど将来、家事が必要なこともあるんじゃないかな、そう思った。

 エエ、一番びっくりしたのは、女性たちの不満でした。「なぜ男の人も家庭科を勉強しないの。家庭って、男と女でつくるものでしょ」――。

 金沢工業大学の大箸信一教授(76)。都立戸山高校の卒業生だ。「家庭科の授業のこと、そして、大学院生時代に取材を受けたことはよく覚えていますよ」と懐かしそうに話す。

 男女は平等なのに、女子だけ家庭科が必修というのはおかしいのではないか。数人の男子とそんな話をしていたという。高1の担任が家庭科の先生だったこともあり、「ぼくたちも家庭科をとれないのですか?」と聞いてみたら、「いいですよ」。ただ、一緒にとるはずだった友人は転校してしまい、女子の中にたった1人で授業を受けたという。

 50年前の記事では、「女子だけ必修」についての現役高校生たちの議論も紹介されている。

 「女子だけ努力しても家庭は向上しない。男性も協力する姿勢としてやるべきよ」「ボクは家事好きな女性を選ぶ」「二人で働くことが多くなるのよ。女に全部押しつけたら、家庭なんてこわれちゃうよ」

ジェンダーをめぐる状況は何が変わり、何が変わらずにきたのでしょうか。50年前の新聞と、今とを行き来しながら考える連載です。

 結婚し、父親となった大箸さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]