第8回性差は時代でどんどん変わる 推測、偏見に自戒をこめて

有料会員記事

伊藤恵里奈
[PR]

 1971年に朝日新聞で44回にわたって掲載された連載「男と女」では、さまざまな分野で男女間の格差がどう生じているかを探った。最後に取り上げたテーマは「二つの性の歴史」。フランス文学者の多田道太郎さんや評論家の樋口恵子さんら、男女5人の識者が討論した様子を3回にわけて掲載した。

 「原始時代に対等な人格だった男と女の関係は、鉄器時代を境にその差がひろがり、中世を経て近代の産業社会のなかで決定的な従属関係となったのではないかということが話合われた」。推測や願望が交じり、知識人の雑談という色合いが濃いものだった。

研究対象にも、研究者にもなれず

 日本でジェンダーの観点からの歴史研究が本格的になったのは90年代からだ、と千葉県佐倉市国立歴史民俗博物館(歴博)の横山百合子教授(65)は指摘する。「それまでは女性が歴史を研究することも、女性を研究対象にすることも評価されなかった。歴史学自体が長く『女性は政治で重要な役割を果たしていなかった』という偏見に影響されてきた」

 昨年10月から歴博が開いた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]