早世から1年 札幌のゴスペルシンガーしのぶブルーレイ

戸田拓
[PR]

 2020年3月に49歳で死去した札幌市のゴスペルシンガー・Natsuki(ナツキ)さんの最後のソロリサイタルを収録したブルーレイディスク(BD)が、没後1年の3月13日に発売される。道内で長年ゴスペルを指導し、多くの歌い手を育てたNatsukiさんだったが、新型コロナウイルスの影響で昨年の葬儀は身内のみで行われた。昨秋予定されたしのぶ会も延期されており、遺族はBDの歌声を通じて故人の思い出を共有したいという。

 Natsukiさんは幼い頃から音楽に親しみ、音大卒業後ゴスペルシンガーとしてデビュー。豊かな歌声で聴衆を魅了した。歌唱指導やラジオ番組パーソナリティーなどでも活躍し、15年10月にはカトリック教会の総本山、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂でのミサに日本から聖歌隊を率いて出演し、ローマ教皇と謁見(えっけん)した。昨年3月13日にがんのため亡くなる直前まで演奏活動を続けた。

 檜山地方の今金町は19年10月、町内で演奏会をたびたび開いていたNatsukiさんを招いて総合体育館の落成記念イベントを開催。指導を受けた町民らも交えたリズミカルなゴスペルソングは、会場を大いに盛り上げた。その5カ月後に悲報が伝わり、中山秀悦教育長は「とても楽しいひとときだった。病を抱えておられるとは知らず驚いた」という。

 オルガン伴奏などで音楽活動を支えた妹の大澤あすかさん(47)は「姉にとって歌うことは生きることだった。慕う生徒さん、ファンは本当に多く、幸せな人生だったと思う」と話す。父・山田晋筰さん(80)は「多くの方の記憶に残れたのであれば、決して短い人生だったとは思わない」と語る。

 BDには19年6月のリサイタルで歌われた「ユー・レイズ・ミー・アップ」「アメイジング・グレイス」などの有名ゴスペルソングや、「虹と雪のバラード」「蘇州夜曲」などのヒット曲を収録。購入希望はウェブサイト(https://ssl48.dsbsv.net/natsuki-vocal.jp/別ウインドウで開きます)で受け付ける。家族らはBD発売のほか、ゴスペルの名曲「トータル・プレイズ」を教え子らがそれぞれ歌った動画をひとつに合成してネットで配信、手向けとする考えだ。(戸田拓)