コロナで染み出す心の不調 水にたとえると

有料会員記事アナザーノート

[PR]

アナザーノート 浜田陽太郎編集委員

 写真の中の習字、お手本通りの整った字ではないかもしれません。でも、書いた人の切なる思いが伝わってきます。

 実習、就職、前進……。ここは心の不調でメンタルヘルスを崩した人が、仕事に就くためのトレーニングをする場です。後ほど、詳しく紹介します。

ニュースレター「アナザーノート」

アナザーノートは、紙面やデジタルでは公開していないオリジナル記事をメールで先行配信する新たなスタイルのニュースレターです。今回は3月7日第28号をWEB版でお届けします。レター未登録の方は文末のリンクから無料登録できます。

コロナとメンタル

 普段は地下水脈を流れる「心の不調」が、コロナ禍が吹き荒れる地表にじわりと染み出してきているようです。

 新型コロナウイルスの感染後、5人に1人が不安障害や不眠などメンタルの問題で診断を受けていた――。昨年11月、英オックスフォード大はこんな研究論文を発表しました。メンタルで初めて診断を受ける割合は、インフルエンザなど他の病気と比べて約2倍になるといいます。

 日本では2020年の自殺者数が、リーマン・ショック以来11年ぶりに増えました。女性の増加が目立ちます。

 コロナに感染した人に限らず、今回のパンデミックが引き起こした社会・経済の変調が引き金になり、普段は意識の奥底にある不安が膨張し、心を脅かす。誰にでも起こりうることです。

 政府は先月、「孤独・孤立を防ぎ、不安に寄り添い、つながる」ための部署をつくり担当大臣を任命。官邸で開いた緊急フォーラムには、菅義偉首相も出席して、タレントの中川翔子さんらの話を聞きました。

 孤独・孤立が深まれば、しばしば不安やうつなどの心の問題を引き起こします。

 「自殺を防ぐためには、誰も追い詰められることのない社会をつくることです。メンタルヘルスは、自殺だけでなく生活困窮や引きこもりなど、あらゆる問題と関わっています」。オックスフォード大の論文を紹介してくれた国立精神・神経医療研究センターの藤井千代さんは話します。

 ただ、日本社会には、心の問…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。