[PR]

 自民党は近く、選択的夫婦別姓について議論するプロジェクトチーム(PT)を発足させる方針を固めた。導入推進派の議員から議論の再開を求める声が上がり、世論の関心が高まっていることを踏まえた。党内の賛否は分かれており、議論が進むか不透明だ。

 座長には、党内では「中立的な立場」(党幹部)とみられている石原伸晃・元幹事長が就く。近く議論を始める見通しだ。佐藤勉総務会長は5日の記者会見で、PT発足について、あくまでこれまでの議論を整理する場と強調。「何かを進めるとか、そういうことではないのかなと思う」と述べた。

 選択的夫婦別姓をめぐっては、昨年12月の第5次男女共同参画基本計画の策定にあたって、党内で議論が紛糾。慎重派の巻き返しを受けて、政府の案にあった「選択的夫婦別氏制度」の文言は削られ、具体的な制度のあり方について「必要な対応を進める」から「更なる検討を進める」へと後退した。国会でも菅義偉首相や閣僚の認識を問う質問が相次いでいた。(野平悠一)