[PR]

 再延長された新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言をめぐり、黒岩祐治・神奈川県知事の発言が波紋を呼んでいる。宣言延長に向けたやり取りで、小池百合子・東京都知事に、事実と異なる説明をされたと主張しているからだ。事実であれば、コロナ対策でワンボイスを強調してきた首都圏4都県の足並みが乱れる事態に発展する可能性をはらんでいる。

 黒岩氏は7日のフジテレビの報道番組に生出演した際、次のような小池氏とのやり取りを明らかにした。

 1日に小池氏から電話があり、「延長せざるを得ないでしょう」と言われたので、黒岩氏は「ちょっと待ってください。もうちょっと数字が見たい」と伝えた。すると、小池氏は翌2日に、4都県の知事でコロナ担当の西村康稔経済再生相と面会することを提案。面会時に提出する文書案をみると、2週間の宣言延長を要請する記載があった。黒岩氏が「これ持って行くの? まだ話していない。他の知事は大丈夫なのかな」と尋ねると、小池氏側は、森田健作・千葉県知事と大野元裕・埼玉県知事も賛成していると答えたという。

 ところが、黒岩氏が森田氏に電話で確認したところ、森田氏は「『黒岩さんが賛成するから』って(都側が)言うから、俺も賛成しようとなった」と説明したとされる。黒岩氏が大野氏にも問い合わせると、同様の回答だったという。黒岩氏は「それは無理ですよ」と憤り、西村氏との面会はなくなったという。

 黒岩氏は、3日にあった4都県知事のオンライン会議で「こういうことをやられると信頼関係が薄れる。信頼関係があってこそ、1都3県の足並みがそろう。こういうのはダメだ。おかしい」と直接抗議。小池氏は「ちょっと先走って、ごめんなさい」と謝罪した、と黒岩氏は説明した。

 小池氏は会議後、記者団に「国としっかり連携しながら、1都3県で連携しながら進めていきたい」と述べ、これまで繰り返してきた「ワンボイス」を強調した。

 小池氏は8日、黒岩氏の発言について記者団に問われ、「私は森田知事には直接連絡はしていない」と語ったが、その他のやり取りについては「準備段階の中で色々ある。そういう中で信義則は守っていきたいと思っている。事務方も含めてやり取りをしていた」などと述べるにとどめた。

官邸VS小池知事

 また、大野氏も8日、記者団の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら