シリアのアサド大統領がコロナ感染 隔離し公務継続

新型コロナウイルス

ガジアンテップ=高野裕介
[PR]

 内戦が続く中東シリアで、アサド大統領とアスマ夫人が新型コロナウイルスに感染した。大統領府が8日、発表した。症状は軽く、2人の容体は安定しているという。大統領府によると、PCR検査を受け、陽性だと判明した。隔離中も公務は続けるという。

 シリアでは、アサド政権の支配地域と北西部の反体制派の支配地域、北東部のクルド人勢力が押さえる地域で、計4万5千人以上の感染が確認されている。内戦のため医療施設などは十分でなく、感染者の実数はより多いとみられている。(ガジアンテップ=高野裕介)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]