第5回がれきの街、酒浸りの日々 いとおしい日常に気づくまで

有料会員記事

仙台総局・川野由起

拡大する写真・図版津波で船や家屋が押し流された宮城県気仙沼市の市街地=2011年3月12日午前8時22分、宮城県気仙沼市、小宮路勝撮影

[PR]

 プシュ。

 枕元に並ぶ350ミリリットルの缶ビール。布団にあぐらをかいて座り、飲む。5口ほどで1缶が空く。

 酔いがまわりだすのは10缶目あたりか。4時間ほどで24缶が空になった。「もうない。うそだべ?」

特集「生きる、未来へ 東日本大震災10年」

 3月11日、発生から10年となる東日本大震災。愛する人を失った悲しみ、住み慣れた土地に戻れない苦しさ……。さまざまな思いを抱え、歩んできた3家族を通して、被災地のこれまでを振り返る。

 東日本大震災から約3年後の宮城県気仙沼市。ヒロシさん(仮名、50)はアルコール依存症で「どん底」にいた。

 梅酒を瓶ごと抱えて飲み干す。除菌スプレーを口に吹きかける。「何やってんだい、馬鹿だなあ」。心の中でつぶやいていた。

申し訳ない、情けない。でも酒をやめられない。いくら飲んでも足りない…。記事の後半では、酒に溺れたヒロシさんが、震災がなければ会えなかった大切な人と出会い、いとおしい日常を取り戻すまでの軌跡をたどります。

 《気仙沼市の死者・行方不明…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら