元妻を殺害、押し入れに遺棄 被告に懲役18年判決

森下友貴
[PR]

 神戸市須磨区の市営住宅で2018年、元妻を殺害して遺体を押し入れに隠したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた津田信明被告(51)の裁判員裁判の判決公判が8日、神戸地裁(野口卓志裁判長)であった。野口裁判長は「殺意は強固で、態様は残忍」として求刑通り懲役18年を言い渡した。

 判決によると、津田被告は18年12月ごろ、住んでいた市営住宅の一室で、元妻の川越博美さん(当時49)の首を圧迫して殺害し、遺体を布や粘着テープで包み、押し入れに遺棄した。

 弁護側は公判で、死体遺棄罪について起訴内容を認めた一方、殺人罪については「(川越さんの)死因が首を圧迫したことによる窒息死であるというには、証拠も十分ではない」などと、無罪を主張していた。

 野口裁判長はこれに対し、「その他の死因を示す積極的な所見はなく、首の圧迫による窒息死は、合理的疑いを超えて認定できる」とした。(森下友貴)