終わらない福島の3.11 北海道の野菜で息長く支援

有料会員記事

阿部浩明
[PR]

 北海道南部の厚沢部町にやって来た福島県の子どもたちは、里山を駆け、原っぱで寝っ転がって大はしゃぎだった。

 そんな時、男の子がぽつりとつぶやいた。「ぼく、大人になるまで生きられるのかなあ」。大人たちは、何も言葉を返せなかったという。

 受け入れたのは、地元の農家など8人でつくる「だっこんび桧山の会厚沢部支部」。福島第一原発の事故で、内部被曝(ひばく)による健康不安を抱えるなか、短い期間だけでもわが子を北海道で保養させたい。そう願う親のため、東日本大震災が発生した2011年から、毎年夏に小学生を中心に招いてきた。

 代表の松島美保子さん(77…

この記事は有料会員記事です。残り1275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。