震災4カ月後の優勝 澤穂希さん「見えない力が背中を」

有料会員記事

聞き手 編集委員・稲垣康介
[PR]

 2011年7月、サッカーの日本女子代表はドイツで開かれたワールドカップ(W杯)で世界一に輝いた。その年末、世相を映す「流行語大賞」で愛称の「なでしこジャパン」は大賞に選ばれた。「日本中に希望と勇気を与えた」が授賞理由だった。主将だった澤穂希さん(42)に、あの夏を振り返ってもらった。

インタビュー特集「東日本大震災を語る」はこちらから

東日本大震災から3月11日で10年。様々な分野で思いを寄せる人たちにインタビューしました。

 東日本大震災が起きた11年3月11日は、なでしこジャパンポルトガル遠征から帰国した日だった。

 「私は東京都府中市の実家に母と居ました。寝不足もあって、テレビを見ながらうとうとしていたら、すごい揺れが来ました。食器棚が倒れないように母が必死におさえていたのを、覚えています」

 東日本大震災から3カ月後に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

東日本大震災を語る

東日本大震災を語る

東日本大震災から3月11日で10年となります。被災地の復興や支援、福島第1原発事故への対応など、様々な分野で思いを寄せる人たちにインタビューしました。震災の経験は私たちに何を残したのでしょうか。[記事一覧へ]