「君の名は。」横目に…「痛公用車」でアニメの聖地狙う

有料会員記事

戸村登
【動画】岐阜・多治見が舞台のテレビアニメ、市がイケイケPR=戸村登撮影
[PR]

 岐阜県多治見市を舞台にしたテレビアニメ「やくならマグカップも(やくも)」の放映が4月に始まる。ファンがアニメの舞台を訪れる「聖地」をめざし、市はあの手この手で仕掛ける。市役所を活用した作品のPRや土産物コンテストを企画。ついには、アニメの登場人物をラッピングした「痛車(いたしゃ)」ならぬ「痛公用車」も登場した。

 「やくも」は多治見市内のIT企業「プラネット」が2012年から発刊を続けるフリーコミック。多治見に引っ越してきた高校生が陶芸に夢中になっていく様子を描く。

 「世界名作劇場」や「ちびまる子ちゃん」を制作した日本アニメーション(東京)がテレビアニメ化を決定。通常のアニメと、主役の声優4人が作品の舞台を巡る実写パートの2部構成で、4月から東海3県(CBC)や東京(TOKYO MX)、大阪(MBS)、無料BS放送(BS11)で放送される。

 県内には、16年に公開されたアニメ映画君の名は。」の舞台となった飛驒市に多くのアニメファンが訪れたという前例がある。「やくも」は3大都市圏で放送されることから、多治見市産業観光課の長谷川昭治課長(51)は「千載一遇のチャンス」と期待する。

 市は1月、市役所や駐車場外壁など6カ所に、アニメのタイトルや登場人物が入った「多治見へようこそ!」「やきもののまち多治見」といった横断幕を設置。「やくも」をイメージした新たな土産物をつくろうと、コンテストを企画し、全国に参加を呼びかけた。その一環で、昨年11月に購入した、市の公用車1台を「やくも」のキャラクターを紹介するラッピングカーに変えた。

 アニメなどのキャラクターを車体に描いた車は、注目を浴びる一方で「痛々しい」という視線も向けられることから、自虐的に「痛車」と呼ばれる。公用車を「痛車」仕様にした理由を、古川雅典市長は「まずは市民にテレビアニメ化を知ってほしい」と話す。

 PRだけでなく、実写パート…

この記事は有料会員記事です。残り993文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら