小さい声のナイスバーディー #コロナを生きる言葉集

新型コロナウイルス

渡辺芳枝
[PR]

小さい声で「ナイスバーディー」に、しみじみした(プロゴルファー 渋野日向子)

#コロナを生きる言葉集

 昨年は中止や無観客開催が続いた女子ゴルフツアー。今年の初戦「ダイキンオーキッドレディス」(3月4~7日、沖縄)は、1年3カ月ぶりの有観客大会として開かれ、第1日の4日には868人のギャラリーが訪れた。

 会場内では会話を控えるようアナウンスされており、大声で応援することはできない。そんな中で、渋野選手は小さな声援を聞いた。「がんばれ」「ナイスバーディー」。観客の方を向いた渋野選手は、笑顔で何度も手を振った。

 「楽しいって思えたのは、久しぶり。昨年はあまり感じられなかった。見に来てくれる人がいらっしゃることで、自分が楽しんでいるんだなと気付いた」

 会場設営をしていた作業員が新型コロナ陽性だったことが開幕2日前に判明しており、消毒などのために開幕前日の練習は中止となった。第2、3戦は再び無観客開催となることが決まっている。それだけに、かみしめるような表情で観客席を見つめる渋野選手の姿が、印象的だった。(渡辺芳枝)

     ◇

 誰もが経験したことのない日々が続いています。様々な立場、場面の言葉を集めます。明日に向かうための「#コロナを生きる言葉集」。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]