谷脇氏、別の会食「支払った記憶だったが」 調査に限界

有料会員記事

菅原普、豊岡亮
[PR]

 総務省接待問題に関連して9日に国会内であった野党の合同ヒアリングでは、総務省の調査を疑問視する声が相次いだ。「接待は他にない」と一度は結論づけながら、新たな接待が浮上した経緯があるからだ。総務省で調査を担当する武藤真郷・秘書課長は「端緒がないと網羅的に調べるのは難しい。本人の申告に頼る部分があるのは否めない」と、調査に一定の限界があることを認めた。

 東北新社からの接待をめぐっては、自ら接待を申告した総務省職員は一人もいなかった。谷脇氏はNTT側との3回の会食が応分負担(割り勘)だったと国会で主張したが、実際は5千円の会費を1回払っただけだった。武藤氏によると、谷脇氏は調査に「支払った記憶だったが、帳簿上そうなら支払っていない」「5千円と提示されたので相当だと思った」などと釈明しているという。

 野党側は、会食に同席した山田真貴子・前内閣広報官(元総務審議官)の調査も強く求めた。武藤氏は、退職者を調査してはいけない理由はないと認めつつ、調査目的である国家公務員倫理規程違反の確認には「現時点で必要性は感じていない」と主張し、調査はしない姿勢を貫いた。

 総務省は接待の有無を調べる…

この記事は有料会員記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら