「頼まれたらやる人生」空き巣誘われ強盗殺人の男に判決

有料会員記事

[PR]

 資金繰りに窮した男に誘われ、空き巣の実行役になった元従業員の男は、侵入先で鉢合わせした住人を殺害した。経済的な動機はなかったのに、リスクを一手に引き受けた。なぜ、犯行に及んだのか。元従業員は法廷で「断れない性格」だったと繰り返した。

 2019年11月14日、愛知県岡崎市マンションで住人の男性(当時49)が殺害され、財布や車などが奪われた。検察は、土木建築業などを営んでいた男(38)を強盗致死と住居侵入の罪で、元従業員の男(42)を強盗殺人と住居侵入の罪でそれぞれ起訴した。

 今年2~3月、名古屋地裁岡崎支部で2人の裁判員裁判が開かれた。黒い服を羽織った男と、一回り体格のある白いワイシャツを着た元従業員の男。2人は、互いに目を合わせることはほとんどなかった。

 検察側の冒頭陳述などによると、土木建築業や特殊清掃業を営んでいた男は、19年の秋ごろから事業の資金繰りに窮するようになり、約650万円の借金を負っていた。金を工面するために相談した知人らを通じ、ある高利貸の男性が自宅マンションに1千万円近いお金を置いているという情報を得た。

 借金返済のため、男はこのマンションに侵入して男性の金を盗む計画を立てた。そこで頭に浮かんだのが、ゲームやマンガを介して20年近い「友人関係」にある従業員の男だった。

 「入れるかな」「何か手はある?」。防犯設備の解除の仕方や侵入方法について、さりげなく相談を繰り返した。

 被告人質問で、検察側は男に「なぜ誘ったのか」と尋ねた。

 男「頼れる友人だったから」

 検察側「頼れるとは」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら