三重・鳥羽の田んぼに白いドジョウ 鳥羽水族館で展示

[PR]

 三重県鳥羽市で白いドジョウが見つかり、同市の鳥羽水族館で9日、展示が始まった。劣性遺伝や突然変異によって先天的にメラニン色素がない「アルビノ」と呼ばれるもので、赤い目が特徴だ。

 体長約7センチの白いドジョウは、今月7日に同市松尾町の田んぼで見つかり、翌8日に入館した。白いドジョウは全国で発見例があるものの、同水族館に入館したのは初めてといい、飼育担当者は「できるだけ長い間、展示できるよう注意していく。多くの人に不思議な姿を見てもらいたい」と話している。