オンラインマラソン 気軽に参加、運動のきっかけや目標

有料会員記事

杉浦奈実

写真・図版

[PR]

 参加者がウェブアプリを使って参加する「オンラインマラソン」が増えている。コロナ禍の密集対策のため、各地のランニング大会で例年通りの開催が難しくなっていることが関係している。どんな特徴や魅力があるのだろうか。

 オンラインマラソンは、スマートフォンのGPS(全地球測位システム)機能を使ったアプリで走った距離やタイムを計り、データを主催者に送る。GPS機能で走った距離を測ることができる場所であれば、全国どこで走っても構わない。GPS機能付きでアプリとつなげられる腕時計でも参加できる。大会期間中であればいつスタートしてもOK。大会によるが、決められた距離を何日かに分けて走ることもできる。

 完走すると、他の参加者とのランキングを見られたり、完走賞を受け取れたりする。新型コロナウイルスの流行が本格化した昨年3月、「名古屋ウィメンズマラソン」の一般参加の部が中止になり、代わりにオンラインでの開催になったことで注目された。

 名古屋ウィメンズマラソンも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。