北海道で変異株感染を初確認 札幌などで13人

新型コロナウイルス

[PR]

 北海道は10日、道内で新型コロナウイルスの変異ウイルスの感染者13人が確認されたと発表した。英国型の変異株で、内訳は札幌市12人、小樽市1人。道内で変異株の感染が確認されたのは初めて。13人は30~90代で、いずれも軽症か中等症という。

 札幌市の発表によると、市内で2月22~24日にあった食品関連会社(社名非公表)のイベントの関係者が、新型コロナに感染したことが27日に判明。他のイベント参加者らにPCR検査をしたところ、これまでに計25人の感染が確認され、クラスター(感染者集団)と認定された。感染者に道外と往来があった人が含まれていたため、変異株かどうかの検査を国立感染症研究所で行い、13人の変異株感染が確定した。札幌市は変異株のクラスターが発生したとみている。

 25人の内訳は従業員3人、参加者21人、関係者1人。イベントはビルの一室で行われ、関係者の講話や物販などが行われたという。市はマスク着用や換気などの感染対策は行われていたとしている。

 市は他の12人を含む25人が変異株に感染したとみなし、いずれも入院させている。濃厚接触者は38人おり、うち33人は陰性が確認されている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]