「小さなチームで大きな賞」ベルリン銀熊の濱口竜介監督

有料会員記事

佐藤美鈴
[PR]

 世界3大映画祭の一角、第71回ベルリン国際映画祭で、最高の金熊賞に次ぐ審査員大賞(銀熊賞)を受賞した「偶然と想像」の濱口竜介監督(42)。日本映画界をリードする新世代として注目される。

 「コンペに入ることも受賞も、そんなに期待、予想していなかったので驚いている」。受賞から一夜明けた6日、オンラインで会見を開いた濱口監督は、控えめな言葉で喜びを語った。

小さなチーム コロナで撮影変更も

 「小さなチームで作られた映画。コロナの状況で撮影の態勢も変えながら完成させたものが、大きな映画祭で賞をいただき、とてもありがたく思っています」

 「偶然と想像」は、約40分の短編3話からなるオムニバス映画。古川琴音さん、渋川清彦さん、占部房子さんらが出演し、予期せぬ三角関係や誘惑の罠(わな)、誤解から生まれる出会いの物語を会話劇を中心に描く。

 歴代の金熊賞受賞6監督が務…

この記事は有料会員記事です。残り727文字有料会員になると続きをお読みいただけます。