3歳の娘「おばあちゃん助けにいこう」 母は声振り絞り

有料会員記事

盛岡総局・上地一姫
[PR]

 自宅で仕事の書類をつくっていた時、部屋が激しく揺れた。家がきしむような長い横揺れ。

 今年2月13日夜、岩手県北上市。伊藤智江(ともえ)さん(43)はベッドに入ったばかりの娘の雪乃さん(13)に声をかけた。「大丈夫?」

 頭まですっぽり毛布をかぶった娘が聞いてくる。

 「震度なに?」

 テレビをつけると、岩手県内陸南部は「震度5弱」。津波の心配はないと伝えると、娘はうなずき、眠った。二段ベッドの上では息子の琉(りゅう)さん(10)が寝息をたてていた。

 3月11日が近づくと気持ちが重くなる。「またか。いい加減にしてよ」。揺れが収まると、智江さんはストーブを消した。

     □

 親子は10年前のあの日、同じ部屋で揺れに襲われた。智江さんは3歳の娘と0歳の息子の頭を守りながら思った。「津波が来る。電話しなきゃ」

 県沿岸部の陸前高田市の実家…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。