「赤木ファイル」元上司との音声公開 財務省は回答拒否

小泉浩樹
[PR]

 学校法人森友学園大阪市)をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自死した同省近畿財務局職員の赤木俊夫さんが、改ざんした経緯を記録したとする「赤木ファイル」に関し、近畿財務局の元上司と赤木さんの妻の会話とされる音声データが10日、野党ヒアリングで公開された。

 ヒアリングでは約4分間の音声が公開された。音声には「パラッとだけ見たんです。『うわ~、めっちゃきれいに整理してあるわ』と。全部書いてあるやんと。どこがどうで、何がどういう本省の指示かっていうこと」などと「赤木ファイル」の中身について語る場面があった。

 この音声記録は、妻が国などに損害賠償を求めた裁判に提出されている。財務省はこの中で語られている「赤木ファイル」に関し、存在するかどうかも明らかにしていない。

 立憲民主党階猛氏はヒアリングで、「この会話を聞いて、ファイルがないと思う人は一人もいない。存否を明らかにすることが、なぜ裁判に影響するのか。当たり前のことを当たり前に答えて欲しい」と訴えたが、財務省は「裁判の論点になっている。裁判に不当な影響を及ぼす恐れがある」として回答を拒んだ。小泉浩樹