スケジュールの都合? 著名人聖火ランナー、相次ぐ辞退

有料会員記事

[PR]

 25日から始まる東京五輪聖火リレーで、著名人走者の辞退が相次いでいる。大会組織委員会は「コミュニケーション不足」と反省しきりだが、なぜこうなったのか。

 リレー出発地となる福島県は6日、県内を走る予定だったアイドルグループ「TOKIO」と俳優の窪田正孝さんがランナーを辞退したことを発表した。

 TOKIOは県内で続けていたテレビ番組ロケが縁で、原発事故風評被害に苦しむ県産品のPRを担ってきた。窪田さんもNHKの連続テレビ小説福島市出身の作曲家古関裕而(こせきゆうじ)をモデルにした主人公を演じた。

 県とゆかりの深い著名人だっただけに、ネット上には「残念だけど仕方ない」「中で何が起きているの」などの投稿が相次いだ。

記事の後半で、ある芸能事務所幹部や元放送プロデューサーの見方を紹介します。

 県によると、TOKIOと窪…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら