リビアで暫定統一政府が発足 退去進まぬ傭兵に懸念も

有料会員記事

カイロ=北川学
[PR]

 国家の分裂状態が続いた北アフリカのリビアで10日、暫定の統一政府が承認された。民主化運動アラブの春」を受けたカダフィ独裁政権の崩壊から10年。国造りは一歩前進した形だ。ただ混乱の元凶とも言える外国人の傭兵(ようへい)の退去は進んでおらず、国家再建への不安は残ったままだ。

 新しい政府は、12月24日に予定される大統領選と議会選までの統治を担う。暫定首相は、実業家出身のアブドゥルハミド・ダバイバ氏。リビアの各政治勢力が集まった2月の協議で選ばれた。リビア東部に疎開していた代表議会が、同氏が提出した組閣案を審議。10日に賛成多数で承認した。

 ダバイバ氏は「国民の和解のために働く。紛争が二度と繰り返されてはならない」と述べた。

 リビアでは2011年の大規…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら