鶴竜、春場所も休場の意向 左足負傷、師匠と話し合いへ

[PR]

 大相撲の横綱鶴竜(35)が14日初日の春場所(東京・国技館)を休場する方向であることがわかった。11日に電話取材に応じた師匠の陸奥親方(元大関霧島)によると、稽古で新たに左足を負傷したという。12日の取組編成会議までに師弟で話し合い、正式に決断する考えだという。休場すれば、5場所連続の休場となる。

 最近休場の多い鶴竜に対し、日本相撲協会横綱審議委員会が昨年11月場所後に「注意」を決議した。だが、それからさらに2場所続けての休場となるため、陸奥親方は「(春場所を)休むのだったら、その話をしなきゃいけない。休むといっても、すんなり休み、来場所ってわけにいかないでしょ。本人も分かっていると思うけど」と話した。

 鶴竜初場所の休場を表明した際、春場所に進退をかける意向を示していた。