野田・高市両氏がNTT側に返金 ともに「接待」は否定

有料会員記事

野平悠一、山下龍一
[PR]

 NTT側が当時総務相だった自民党野田聖子幹事長代行や高市早苗衆院議員らを接待していたと週刊文春が報じたことをめぐり、野田、高市両氏らは11日までに自身の飲食代をNTT側に返金した。ただ、会食については「懇談会」「意見交換」などとして接待には当たらないと説明。野党側は野田、高市両氏らの国会への参考人招致を求めている。

 同誌は、NTT側が2017年11月~20年9月にかけて、野田、高市両氏のほか、当時総務副大臣だった坂井学官房副長官、寺田稔衆院議員の4人を延べ6回接待していたと報道。野田、高市両氏には2回、東京・港区にあるNTT関連の会員制レストランで接待が行われたとしている。

 野田氏は11日、党本部で記者団に2回の会食を認めたうえで「プライベートな会合という認識だった」と説明。会食は、野田氏の地元・岐阜県の「県人会有志の懇談会」や、NTT西日本の支店長交代あいさつが目的だったとし、「接待」ではなかったとの認識を示した。一方、2回のうち、1回はNTT側の支払いだったとして11日、自らの飲食代2万6150円を返金したと明らかにした。

 また、高市氏の事務所によると、会食の前にNTT側に会費を尋ねたところ1万円と伝えられたという。高市氏は、会費とは別に飲み物代なども想定し、2回とも5500円のお土産を会食相手の3人分持参していた。今回の報道を受けてNTT側に2回の会食の会計額を確認。実際にはコース料金だけで1人2万4千円だったといい、支払った分との差額分として計7万3885円を10日に支払った。

 高市氏は10日に自身のホームページで大臣在任中は、総務省の関係団体や関係事業者と会食を伴う意見交換をする際は全て「割り勘」とするか、全額を負担していたとして「『接待』は受けていない」と反論。「先方と取り決めた『割り勘』の会費を超えるような食事や飲み物が出されていたとしたら約束違反だ」として差額が生じていた場合はNTT側に返金する意思を示していた。

 寺田氏の事務所も会食はNT…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら