「クーデター」を否定 ゴーン氏事件で日産元副社長証言

主役なきゴーン法廷

根津弥
[PR]

 日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(67)が巨額の役員報酬を開示しなかったとされる事件で、金融商品取引法違反罪の共犯に問われた元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)の公判が11日、東京地裁であった。社内調査を主導した川口均・元副社長が証人出廷し、「仏ルノーと日産の統合を阻止するために(元会長の)不正を捏造(ねつぞう)するようなことはこれっぽっちもないと確信している」と証言した。

 日産では、川口氏と今津英敏・元監査役、検察と司法取引したハリ・ナダ専務執行役員がゴーン元会長の不正調査を担った。元会長はルノーとの経営統合を阻むための「クーデター」だと批判している。

 公判で弁護側は、統合阻止を目的に、不正の疑惑を検察に持ち込んだのではないかと追及した。川口氏はルノーとの関係をめぐって「ゴーンさんの存在がネガティブになっていたのは事実」としつつ、「不正はあくまで不正」と強調。検察に情報提供した理由は「当時はゴーンさんに全ての権限が集中していて、日産内部で彼を糾弾するのが難しかった」と説明した。

 社内調査に加わった経緯については「ナダさんと今津さんに相談され、巻き込まれていった。40年以上勤めた会社を守るのが私の最後のミッションだと思った」と述べた。一方、ナダ氏はこれまでの公判で、川口氏から調査に協力するよう求められたと証言しており、食い違いを見せた。

 弁護側は、渉外担当だった川口氏が2014年以降、日産への影響力を強めようとするルノーや仏政府への対応について、菅義偉官房長官(当時)ら日本政府に相談していた点も尋ねた。菅氏とのやり取りについて川口氏は「状況を説明し、必要なら協力してほしいというごく一般的な話だ」と語った。(根津弥)

主役なきゴーン法廷

主役なきゴーン法廷

日産カルロス・ゴーン元会長をめぐる事件の裁判が始まった。法廷で明らかになるのは、カリスマ経営者の「犯罪」か、追放を企図した「陰謀」か――。[記事一覧へ]