[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの接種をめぐり、河野太郎行政改革相は11日、糖尿病患者用の注射器を使い、米ファイザー社のワクチン1瓶から7回分接種できるようにする手法について、「政府としては推奨はしない」と述べた。9日の記者会見では「大いにやっていただきたい」と述べ、前向きな姿勢を見せていたが修正した形だ。

 同社のワクチンは1人2回接種で、一般的な注射器で1瓶5回、特殊な注射器なら6回接種できる。生理食塩水で薄めて使うが、計算上は、接種に必要な量の7回分を超えるワクチンが1瓶に入っており、宇治徳洲会病院(京都府宇治市)が8日、糖尿病患者の治療で使うインスリン用注射器があれば7回接種できる、と発表していた。

 河野氏は11日夕、医療従事者向けの2回目の接種が始まった東京山手メディカルセンター(東京都新宿区)を視察後、報道陣の質問に答えた。インスリン用注射器の生産や在庫量が限られ、糖尿病患者らから懸念の声が出ていることに触れ、「当初の目的に足りなくなるようなことがあってはいけない」と慎重な対応が必要との認識を示した。一方で、「(注射器に)余剰があれば使ってもかまわない」とも語り、医療機関が判断できる余地は残した。(坂本純也)