豪政府、国内航空券を半額に 「経済回復へのチケット」

有料会員記事

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 オーストラリア政府は11日、政府の補助で、4月から同国内の観光地への航空券を半額にすると発表した。新型コロナウイルス対策で政府は昨年3月から、外国人の入国禁止を続けている。感染がほとんど出ていない国内での観光を促し、外国から旅行者が来ない業界を支援する。

 4月1日から航空会社のウェブサイトで予約する80万枚分の航空券が、2月時点での平均的な価格と比べて半額になる。対象は、ゴールドコーストやケアンズ、ウルル(エアーズロック)など13の観光地とシドニーなど主要都市を結ぶ路線。総額12億豪ドル(約1千億円)の業界支援の目玉策として打ち出した。

 政府は、コロナ禍で打撃を受けた事業所向けに1年間続けてきた賃金支払い助成策を、3月28日で終了する。その影響を受ける事業所が旅行業界に多いことを考慮した。モリソン首相は「これは経済回復へのチケットだ」と語った。

 ただ、支援は旅行会社やホテ…

この記事は有料会員記事です。残り403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。