70余年の歴史に幕 炎のストッパー、故津田投手の母校

垣花昌弘
[PR]

 「炎のストッパー」と呼ばれた元広島カープ投手の故津田恒実(旧名・恒美)さんの母校、山口県周南市立和田中学校(生徒数9人)が今年度で閉校する。11日には最後の卒業式があり、5人が巣立った。生徒数の減少で、4月から8キロ余り離れた富田中に統合される。

 1947年に開校。今回の5人を含め、2663人の卒業生を送り出した。

 卒業する兼重周さん、北中希美さん、佐藤舞さん、竹重智由さん、原響輝さんは卒業証書を授与されたあと卒業後の抱負を発表。北中さんは「高校生活では一つのことを諦めずに最後までやっていこうと思います」と述べた。

 中村浩校長は式辞で5人それぞれの学校生活を振り返り、「君たち自身が未来を切り開いてください。私たち大人は声援することしかできない。最後の卒業生として堂々と胸を張ってください」とエールを送った。(垣花昌弘)