修学旅行行けなくても… 私たちが残した卒業ソング

坂井俊彦
[PR]

 【埼玉熊谷市立熊谷東中学校(伊藤幸男校長)の3年生145人が卒業式に合唱するために「青春(ぼくら)の詩(うた)」を作った。コロナ禍で修学旅行などを体験できなかった学年が思い出作りに取り組んだが、感染予防のため16日の本番での合唱は禁止に。11日、感染予防を図りながら最初で最後の合唱を録音し、これを卒業式で流すことにした。

 3年生は昨年5月の京都・奈良への修学旅行が中止になり、大半の部活動で大会が中止になった。このため、音楽の木下八重香教諭(37)が卒業式で合唱する歌を自分たちで作ることを提案。6月から週1コマの音楽の授業を使って4クラスごとに歌詞やメロディーを作り始めた。木下教諭がこれらをつなぎ、プロの音楽家に編曲を依頼し、昨年末に完成した。木下教諭は「当初、生徒は私の提案に驚いていたが、等身大の言葉の歌ができた」と語る。

 11日は体育館に3年生全員が集合。市教委の了承を得て、換気に注意を払ってお互いの距離を取るなどし、マスクを着けたまま合唱した。クラス単位では約1カ月間練習を続けてきたが、学年全員ではぶっつけ本番。高橋楓(かえで)さん(15)は「私たちが卒業した後も歌ってもらえるとうれしい。友達と教科書に載るといいねと話している」と満足そうだった。(坂井俊彦)