卒業式、「いのちの歌」だけはマスク外して 中庭で合唱

新型コロナウイルス

河合博司
[PR]

 山梨県内の多くの中学校で11日、卒業式があった。コロナ禍で長期休校や分散登校を強いられ、部活動や恒例行事は満足にできなかった。異例の1年を送った卒業生が学びやを巣立った。

 笛吹市立一宮中の卒業生は93人。田草川淳校長は「今を一生懸命生きることが、過去や未来を光り輝かせるものにします」と言葉を贈った。卒業生は体育館で式を終えるとテニスコートへ。校舎の窓際から見つめる父母らに合唱を披露した。「いのちの歌」の時だけ、全員がマスクを外して高らかに歌った。

 生徒会長の国府田マヒナさんは「修学旅行や部活の大会中止は残念だった。でも、最後の合唱で仲間がひとつになれた」。陸上部主将の荻原悠生(はるき)さんは「友だちとの会話が制限され、普通の生活が送れなくて残念だった」と話した。(河合博司)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]