東京の繁華街いまや「昼の街」 人出データが示す変化 

有料会員記事

石塚広志
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、東京の繁華街では夜の人出が激減し、昼の人出のほうが多くなっている。そんな実態が、東京都医学総合研究所の分析でわかった。

 携帯電話の位置情報をもとに、東京大発のベンチャー企業「ロケーションマインド」が集めたデータを同研究所が分析。都内の7カ所の繁華街(歌舞伎町、六本木、渋谷、銀座、上野、池袋、新宿2丁目)の特定の地点を選び、500メートル四方の人出を調べた。

 行動パターンから通勤者や居住者とみられる人たちを除き、飲食など「レジャー」目的で来ている人だけを、分析対象とした。

 昨年1月以降の1週間ごとの時間帯別(2時間単位)の人出をみると、感染者数が少なかった3月下旬までは、年始の週を除き、午後6時~8時が最も多かった。

 この時間帯では、7カ所の繁…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら