「V6」が11月1日に解散 森田さんは事務所退所へ

[PR]

 ジャニーズ事務所は12日、男性6人組グループ「V6」が11月1日に解散すると発表した。メンバーの森田剛さんは同事務所を退所する。坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さん、三宅健さん、岡田准一さんは引き続き所属し、個人で活動するという。

 事務所の公式サイトによると、V6は1995年11月1日にCDデビューし、昨年25周年を迎えた。「愛なんだ」「WAになっておどろう」などのヒット曲がある。バラエティー番組「学校へ行こう!」でも人気を集めた。映画や舞台、テレビ番組の司会など、個人でもそれぞれ活躍している。

 2019年春ごろからメンバー6人で話し合う機会が増え、森田さんから「これからの人生、ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という発言があったという。森田さんの発言がきっかけではあるが、「5人も年齢を重ねるにつれて、今後の人生について考える機会が増えていたことは事実」としている。話し合いを重ね、「この6人でなければV6ではない」という思いは一貫しており、全員で解散の結論を出したという。

 メンバーは公式サイトで、「僕たち6人が築き上げた、他人でも友達でも家族でもない、特別で大切な関係。それをいつも笑顔で見守ってくれる皆さんとの絆は、今後も変わることがないと信じています」などとコメントした。

 グループ内ユニット「20th Century」は存続し、「Coming Century」はV6の解散をもって活動を終了する。