暗闇のなか、泣き叫ぶ少年たち 裁判官は決断した

有料会員記事

文・岩本美帆 写真・杉本康弘
[PR]

 みなさんは「家庭裁判所」という言葉を聞いて、どんな印象を持ちますか? 縁が無い人には、イメージしにくい場所かもしれませんね。「家庭に光を 少年に愛を」。そんな標語を掲げて戦後間もなく発足した「家裁」こと家庭裁判所誕生の陰には、熱意あふれる裁判官たちの存在がありました。彼らの理想は、10年前の「あの日」にも大きく発揮されることになるのです。

写真・図版
東京家裁の「児童室」にある「箱庭」。人形や草木の模型を自由に配置させ、子どもの心理状態を探る=いずれも東京都千代田区

「息子がいじめられないように」

 2011年3月11日夕。仙台家裁内部は散乱する書類や水浸しの床などで、手が付けられない状態だった。当時の所長秋武憲一さん(73)は、職員の安否確認などに忙殺されていた。心身共に疲弊し、目の前の対応で頭がいっぱいだった。

 そんな状況のなか、母子が家裁を訪ねてきた。「この子の氏(うじ)の変更を、お願いします」。聞くと、自分が離婚して姓が変わるため、息子の姓も合わせたいという。4月から小学校に入るので、息子がいじめられないように。申し立ての理由を、母親はそう説明した。学校が再開できるかはわからない。それでも、息子が嫌な思いをしないように。がれきの中を、我が子を思う一心でこの母親はやってきたのだ。そう思うと何かがこみ上げてきて、秋武さんはしばらくペンを動かせなかった。

写真・図版
少年審判廷。中央の長いすに少年と保護者が座る

 「どんなときも、家裁は人々のための存在でなきゃいけないんだ」。秋武さんの心に、灯がともった。その瞬間から仙台家裁は、福祉的側面に大きくかじを切ることになる。

 その頃、管内の少年鑑別所は大変な状況になっていた。

 ニュースが入らず、収容されている少年たちには何が起きているのかわからない。

 「おかあさーん、おかあさー…

この記事は有料会員記事です。残り3019文字有料会員になると続きをお読みいただけます。