どや顔は「したり顔」 辞書の「品格欄」 知ってた?

有料会員記事

校閲センター・丹羽のり子
[PR]

 最近の国語辞典には、おやっと驚く言葉があります。例えば「どや顔」。昨年末に改訂された明鏡国語辞典には【いかにも誇らしげな顔つき。得意顔。「成功に―をする」。「どや」は「どうだ」の意の関西方言】とあります。

 どや顔は、主にテレビ番組などから広まった言葉。辞書は新語や俗語の採録に慎重なはずでは?

 辞書をよく見ると、「どや顔」の項目の最後に、「品格」という名の注釈欄があり、「したり顔・時を得顔(えがお)」と記されています。これらは、「品格ある類語」。つまり、「改まった場面でも使える類語」を一緒に示しているのです。

 品格欄の付いている言葉を探…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら