スーツで臨んだ三木谷氏 郵政との提携、切り札になるか

有料会員記事

井上亮、益田暢子
[PR]

 楽天が、1997年の創業以来最大規模となる増資に踏み切る。日本郵政だけでなく、中国IT大手テンセントの子会社、米小売り大手ウォルマートなどから合計約2400億円の出資を受け入れる。携帯電話事業への投資とともに、変化の激しいインターネット関連サービスでの地盤を固める考えだ。

 「日本郵政とタッグを組む歴史的な一ページだ」。12日に都内で開いた記者会見。Tシャツ姿で会見することも多い楽天の三木谷浩史会長兼社長がスーツとネクタイを身につけ、神妙な面持ちで話した。

 今回、郵政が出資比率8・3…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら