「期待裏切るのは断腸の思い」みずほ銀行頭取、一問一答

有料会員記事

[PR]

 新たなシステム障害を受けて、みずほ銀行の藤原弘治頭取は12日夜に東京都内で記者会見を開いた。主なやり取りは以下の通り。

 ――2月28日の障害後、2週間足らずで4回目のトラブル。共通の原因は。

 「現時点で四つの事象の因果関係は見いだせていない」

 ――新システムそのものに問題があるのか。

 「(新システムの)仕様などについてはしっかり見ていきたい。(新システム)以前の状況であればどうだったか考えると、(今回の問題が起きた外貨建て送金処理の)他のところに波及した可能性が高い。(2月28日のATM障害でも)コンビニのATMは動いていた」

 ――相次ぐ障害を受け、システムの再点検や人員強化といった対策は。

 「システム面とお客様対応面で強化を図っている。今回、障害を起こしてご迷惑をおかけしているが、バックアップ体制をとり、復旧に努めた。いま一度体制を見直して安定的な稼働に努めたい」

 ――辞任する考えは。

 「経営責任にしっかり向き合…

この記事は有料会員記事です。残り471文字有料会員になると続きをお読みいただけます。