朝日アマ将棋4強決まる 14日に準決勝・決勝

[PR]

 第43回朝日アマチュア将棋名人戦全国大会(朝日新聞社主催、日本将棋連盟後援、日本アマチュア将棋連盟協力)が13日、東京都港区のチサンホテル浜松町で始まり、4強が決まった。

 大会は昨年3月に予定されていたが、コロナ禍で1年延期された。4強は、信越ブロックの奥村龍馬選手(36)、首都圏ブロックの菊地裕太選手(37)、富士ブロックの山岸亮平選手(23)、関西ブロックの福間健太選手(32)。14日に準決勝・決勝があり、優勝者は横山大樹・朝日アマ名人(30)と6月に三番勝負を戦う。8強入りの選手はプロ公式戦の第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)に出場できる。

 13日の結果は次の通り。(前者が勝ち、敬称略)

 【1回戦】長岡俊勝(首都圏)=不戦勝▽奥村龍馬(信越)―鷲塚達也(北陸)▽浅倉孝幸(北関東)―長谷川大地(中国)▽中拓海(関西)―鈴木肇(首都圏)▽中村幸佑(四国)―小野内一八(南東北)▽菊地裕太(首都圏)―木村孝太郎(関西)▽竹田健人(北海道)―桜井英孝(関西)▽井上輝彦(東海)―竹下貴重(首都圏)▽城戸純希(北部九州)―日高啓道(首都圏)▽神内行人(四国)―小野ゆかり(女性)▽本間瑞生(西東北)―平野眞三(関西)▽山岸亮平(富士)―羽仁豊(中国)▽小林康太郎(首都圏)―山田和省(南部九州)▽渡辺俊雄(北海道)=不戦勝▽杉野友輔(東海)―清水上徹(首都圏)▽福間健太(関西)―船橋隆一(北東北)

 【2回戦】奥村―長岡▽浅倉―中▽菊地―中村▽竹田―井上▽神内―城戸▽山岸―本間▽小林―渡辺▽福間―杉野

 【準々決勝】奥村―浅倉▽菊地―竹田▽山岸―神内▽福間―小林

 ※西谷明雄(北部九州)、橋嵜卓万(山陰)は出場辞退。