進撃の巨人、リヴァイ像が駅前に 各国からも多数の反応

有料会員記事

寿柳聡
【動画】「進撃の巨人」リヴァイ兵長像が原作者故郷の大分県日田市に=寿柳聡撮影
[PR]

 諫山創さんの人気漫画「進撃の巨人」の登場人物、リヴァイ・アッカーマン兵長の銅像が諫山さんの郷里、大分県日田市のJR日田駅前に設置された。「ファンが訪れる日田に作品ゆかりの物を」と企画されたクラウドファンディング(CF)で目標の倍を超す2968万円が集まり、設置済みの主人公エレンらの像に、場所は違うがリヴァイも加わった。

エレン目標額、即日突破で弾み

 「進撃の巨人」は、壁に守られた人類と巨人との戦いを描いた作品。CFは同市の大山ダムを巨大な壁に見立て、それを見上げるエレンと幼なじみのミカサ、アルミンの像を置こうと地元有志らが2019年8月7日に開始。目標の1400万円は即日突破した。

 想定を超す反応に、「人類最強の兵士」として人気が高いリヴァイ像の設置案が浮上。最終的に754人が協力し資金が集まった。エレンらの像は昨年11月に設置され、大山ダムは観光スポットになっている。

 駅前の像はリヴァイが巨人と戦う装備を身につけた姿で、6日に除幕式があった。リヴァイは身長160センチという設定だが、やや腰を落としたポーズのため高さ142センチ(台座込みで216センチ)の像になった。同駅前では作品とコラボしたスマホゲームのアプリを使うと、AR(拡張現実)機能で宿敵の「獣の巨人」を画面に映し出せる。

4月の連載終了を前に

 2009年9月に「別冊少年マガジン」(講談社)で始まった連載は、4月9日発売号の139話で約11年半にわたり続いた物語が幕を閉じる。

 リヴァイ像を見に来た別府市

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。