止まらない中心部の空洞化 千葉市の銀座「意地ですよ」

有料会員記事

小木雄太、真田香菜子、重政紀元
[PR]

 千葉市中心部の空洞化に歯止めがかからない。駅ビルのリニューアルなどでにぎわう千葉駅とは対照的に、千葉銀座商店街の周辺は人通りが減り、空き店舗も目立つ。官民挙げた活性化策も十分な効果が出ているとはいえない。21日投開票の千葉市長選を前に、現状と課題を探った。

千葉銀座は「歩けば肩がぶつかるほどだったが」

 県庁などの官公庁街から北に向かって伸びる千葉銀座商店街。コロナ禍も相まって昼時でも歩く人は少ない。70年以上続く落花生店「福井商店」を経営する福井晶一さん(64)は「店を開けても赤字ですが意地ですよ」と話す。

 バブル時代から再開発が進み、一部区画では貸しオフィスを備えた大型ビルが並ぶ。一時は東京の企業も事務所を構えたが、景気悪化に伴い転出が相次いだ。2016年に商店街の一角にあったパルコの閉店が追い打ちとなった。

 店をたたみ、大家として不動産業に転身した店も少なくない。福井さんは「商店街の顔になるような店がなくなった」と話す。

 北に進んだ栄町通り商店街も空き店舗や駐車場が目立つ。旧国鉄千葉駅と県庁を結ぶ動線にあったが、1963年に駅舎が現在地に移ったことで一変した。「歩けば肩がぶつかるほどの人出だったが、見る影もない」。50年近く栄町の飲食店で働いてきた店主の男性(68)は嘆く。

 栄町では歩行者天国に屋台を出す「楽市バザール」や、千葉大生と街のガイドマップをつくるなどして再生を狙った。だが、「一瞬の集客はできても盛り上がりは長く続かない」と男性は語った。

「商店街に金ばらまくだけでは…」

 16年に改装されたJR千葉駅には、改札内商業施設「ペリエ千葉エキナカ」や駅ビル「ペリエ千葉」がオープン。一方、近郊は大型商業施設の閉店が相次ぎ、跡地はマンションになったり、その計画が進んだりしている。

 人の流れの明暗ははっきりしている。ちばぎん総合研究所によると、千葉駅リニューアル前の16年10月とコロナ禍前の19年末の滞在人口の増減比は千葉駅周辺が15%増に対し、旧パルコ周辺は9・6%減だった。

 対策がなかったわけではない。市は千葉神社周辺の公園整備、商店街の歩道改修、市美術館のリニューアルなどでまちの回遊性を高めようとしてきた。千葉商工会議所も店主を講師に店内でお客さん向けの「まちゼミ」を開き、店主の顔や人となりを通じて魅力を伝える取り組みをしている。

 多様な仕掛けにもかかわらず、人が戻らないのは、個人店舗が「新規参入」するハードルの高さだ。

 千葉銀座商店街もある千葉市中央区の中央地区にあるホテル。コロナ禍で立ち退いた半地下部分の飲食店スペースに募集をかけているが、坪単価は月5千円。店舗面積から単純計算すると月30万円以上の家賃支払いが必要になる。

 ちばぎん総研の観音寺拓也主任研究員は「以前のように商店街に金をばらまくだけではあまり意味がない。行政は新しく店を開きたい人のチャレンジを後押しし、熱意ある人が挑戦しやすい環境をつくることが大切だ」と話す。

でも、人気店はある 店主に聞くと

 千葉銀座商店街にも若い女性…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。