独自

「真生さんがおかしい」同僚は上司に 東芝系SEの死

有料会員記事

専門記者・木村裕明
[PR]

 長時間労働が原因で自殺したとして昨年末に労災認定された東芝のグループ会社のシステムエンジニア、安部真生(しんは)さん(当時30)は2019年6月以降、介護に関するシステムの構築に従事し、忙しい日々を送っていた。15年に入社し、健康保険のシステムの運用・保守を担当。19年4月に川崎市の本社に異動するまでシステム開発の経験はなかったが、システム構築の中心的な役割を任されていた。

東芝系SEが過労自殺 開発遅れ長時間労働、労災認定

大企業での長時間労働による社員の過労自殺が明らかに。会社側は「社員の心身の健康維持増進に一層努める」とコメントしました

 遺族側によると、社員十数人のチームで担当するプロジェクトだったが、システムの基盤構築の業務については、亡くなった19年11月16日の直前まで安部さん中心に任されていた。11月になってようやく、安部さんの業務を数人で分担する措置がとられた。11月に入ってからは午前0時過ぎに帰宅して早朝に出勤する日が続き、同居していた弟も顔を合わせないことが増えた。弟によると、眠れていなさそうだったという。

 亡くなる前1カ月間の時間外…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。