東京で桜開花、昨年と並ぶ史上最速 1週間ほどで満開に

[PR]

 東京管区気象台は14日、東京都心の桜の開花を発表した。気象台職員が午後2時、靖国神社千代田区)のソメイヨシノの標本木で、5輪咲いているのを目視で確認した。1953年の統計開始以降、昨年に並ぶ史上最速の開花となった。1週間ほどで満開となる見込みだ。

 平年と比べると12日早い。今年は広島市福岡市でいずれも史上最速の開花が発表されている。

 日本気象協会によると、昨夏にできた花芽が一度休眠し、冬の寒さで目覚める「休眠打破」と呼ばれる現象が、昨年末以降の寒波で順調に進行。さらに冬の後半は暖かい日が多く、記録的な早さの開花となっているという。同協会は13日発表した開花予想で、大阪市は19日、名古屋市で17日としている。