野球などで賭博容疑、男ら逮捕 1年で賭け金3億円超か

[PR]

 プロ野球やJリーグの試合で賭博をさせたとして、佐賀県警は14日、福岡市博多区東光2丁目、自称投資家の久保健一容疑者(44)を賭博開帳図利の疑いで、北九州小倉南区田原新町1丁目、派遣社員の尾形統太郎容疑者(32)を同幇助(ほうじょ)の疑いで、それぞれ逮捕し、発表した。賭け金の総額は1年余りで計約3億6千万円にのぼったという。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 発表によると、久保容疑者は仲間と共謀し、2019年7月から20年10月までの間、福岡県内などで、プロ野球やJリーグ、大相撲ラグビー、ボクシングなどの試合の勝敗を複数の客に予想させ、賭け金として1口1万円で3万6229口、計3億6229万円の申し込みを受けるなどした疑いがある。申し込みにはSNSを利用するなどし、手数料は賭け金の1割としていたという。

 また尾形容疑者は19年9月から20年7月までの間、賭博のオッズ表を作るなどして手助けした疑いが持たれている。