田中将大が説く 定説破る「高めの直球」の意味とは? 

有料会員記事

室田賢
[PR]

 東北楽天ゴールデンイーグルスに浸透し始めている新しい投球術がある。8年ぶりに復帰した田中将大がチームに説いている「高めの直球」だ。

DeNA戦で自ら実践

 4度目の登板となった14日の横浜DeNAベイスターズ戦。田中自らが、それを実践してみせた。

 1点を失った四回、2死三塁の場面。大和の打席で、1ストライクノーボールから、高めの直球を2球連続で投げた。ボール、ファウル。そして、最後は、外角低めへのスライダーでタイミングをずらし、空振り三振を奪った。

 ベルトより上の高さの球は、長打につながるというのが野球界の定説だ。だからこそ投手は、打者を打ちとるためにひざ元の高さ、つまり、低めに投げるように教わる。

 一方で、捕手の太田光はこの日、計8度も中腰になって高めを要求した。5回を1失点に抑えた田中将は試合後、「球種のチョイスが良かった」と振り返った。

 田中将はキャンプ中から投手陣だけでなく、相手役である捕手にも高めの使い方を説明してきている。

 「田中が(高めを)使っていて、なんでそこを使うの、と聞いた。僕も聞いておもしろかった」

 小山伸一郎投手コーチもその斬新な発想に驚く。

「抜けた高め」と「狙った高め」

 高めの直球を使う理由を田中将自身がこう明かしている。

 「高めのボールは打者の目線…

この記事は有料会員記事です。残り465文字有料会員になると続きをお読みいただけます。