総務省、秋本前局長・鈴木前事務次官も接待 NTTから

[PR]

 総務省幹部らがNTT側から高額な接待を受けていた問題で、総務省は15日、秋本芳徳・前情報流通行政局長と鈴木茂樹・前事務次官の2人が、NTTの澤田純社長から2018年11月8日に接待を受けていたことを明らかにした。

 1人あたりの飲食費は2万6487円。2人とも自己負担をしていなかった。会食時は鈴木氏が総務審議官、秋本氏は総合通信基盤局電気通信事業部長。いずれもNTT側と利害関係がある恐れが強い。新たな会食はNTTからの連絡で判明し、秋本氏も認めているという。

 秋本氏は放送関連会社「東北新社」からの接待で先月、懲戒減給処分を受けていた。鈴木氏はかんぽ生命の不正問題をめぐる日本郵政側への情報漏洩(ろうえい)が発覚し、19年末に懲戒停職処分を受けて辞職していた。