ミャンマー軍、ヤンゴン一部に戒厳令 市民38人死亡

バンコク=福山亜希
[PR]

 クーデターで権力を掌握したミャンマー国軍は14日夜、最大都市ヤンゴンの一部に戒厳令を出した。各地で続く市民の抗議デモに対し、国軍側は武力弾圧を強めており、ロイター通信は14日だけで、治安部隊による発砲などで少なくとも38人の市民が死亡したと伝えた。1日の犠牲者としては過去最多と並ぶ。

 国軍は14日夜、国営放送を通じ、縫製工場などが集まるヤンゴンのラインタヤ地区とシュエピタ地区に戒厳令を出したと発表した。「安全を確保し、法の支配と平穏をより効果的に維持する」としている。すでに国軍は令状などの許可がなくても家宅捜索や逮捕、24時間を超える拘束をしているが、抗議デモをさらに強硬に抑え込む構えとみられる。

 報道によるとラインタヤ地区では14日、治安部隊の発砲などで22人が死亡。また、中国資本の二つの工場で火災が起きた。在ミャンマーの中国大使館は同日、多くの中国人従業員が負傷したとして、「法律に従って加害者を罰し、中国企業と職員の安全を確保するために、さらに効果的な措置を講じるよう要請する」との声明を出した。

 14日はこのほか、中部バゴーや北部パーカンなどでも死者が出た。現地の人権団体によると、2月1日のクーデター以降、15日までに126人の市民が犠牲になったという。(バンコク=福山亜希)