渡辺明王将が4勝2敗で防衛 永瀬王座と王将戦七番勝負

佐藤圭司
[PR]

 将棋の第70期王将戦七番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の第6局が13、14日、島根県大田市で指され、千日手指し直しの末、渡辺明王将(36)=名人、棋王と合わせ三冠=が挑戦者の永瀬拓矢王座(28)に113手で勝ち、通算4勝2敗で王将位を防衛した。3期連続、通算5期目の王将獲得。タイトル獲得総数を27に伸ばし(名人1期、竜王11期、王座1期、棋王8期、王将5期、棋聖1期)、歴代4位の谷川浩司九段(58)に並んだ。

 今期王将戦で渡辺王将は開幕3連勝と好スタートを切ったが、その後、2連敗。第6局で勝利した後、「最新の形も多かったんで、準備の段階から結構大変だったですけど、内容の濃い将棋が指せたかなとは思います。最後の1勝は遠かったですけど、こうなってしまった以上は、もう、しょうがないので、3対0だったことは忘れて、昨日から今日にかけて臨もうと思っていました」と話した。

 渡辺王将は第46期棋王戦五番勝負(共同通信社主催)では糸谷(いとだに)哲郎八段(32)の挑戦を受けており、第1局は敗れたが、その後、2連勝。17日の第4局に勝てば、棋王戦9連覇達成となる。

 4月に開幕する第79期名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)では、自身初の名人防衛をかけて挑戦者の斎藤慎太郎八段(27)と対戦する。(佐藤圭司)