菅首相との会食は? NTT社長「公開控えたい」と答弁

[PR]

 菅義偉首相の長男が勤める「東北新社」から総務省幹部らが繰り返し接待されていた問題で、NTTの澤田純社長は15日の参院予算委員会の集中審議で、菅義偉首相との会食の有無について「NTTは3分の1の株を政府が保有している特殊会社だ。それと同時に上場会社でもある。上場会社の社長が個別にどなたかと会食をしたか否か、これを公の場で公開することは事業に影響を与えるものだと考えている。個別の会食については控えさせて頂きたい」と述べた。

 立憲民主党福山哲郎幹事長の「菅総理が総理になる前、なってからに関わらず、食事したことはあるか、あるとすれば何回か」との質問に対する答弁。

 澤田社長は、週刊誌で報道された国会議員との会食についても問われ、「週刊誌に出ていたことで、議員の方々が公表された分については主に事実だ。(公表されていない)それ以外の個別の案件については控える」と述べた。NTT幹部と国家公務員や政務3役との会食は「常態化しているわけではない。基本的にいろんな識者の方に、意見交換会をさせていただいている。適宜、事業の中で考えてやらせていただいている」とした。立憲の福山氏への答弁。

 福山氏はNTTが社内で定めている「贈賄防止ハンドブック」に反するのではないかと尋ねたが、澤田氏は「疑念、疑いと言われるような印象を与えたことは大変申し訳ない」としたが、業務上の要請をしたり、便宜をはかったりしていないとして、「ハンドブックの規定には反しないと考えている」と答えた。